酵素分解

生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違い

まず初めに生ローヤルゼリーについて紹介します。
生ローヤルゼリーというのは、名前のままで生になります。
一切の加工を行っていない、手の加えられていないローヤルゼリーのことを言います。
この生ローヤルゼリーは、加工されていない為酸味が強くなっています。
この酸味を好まれる方もいれば、苦手な方もいらっしゃいます。

この酸味が何かというと、ローヤルゼリーにしか含まれていないデセン酸と呼ばれている成分となっています。
このデセン酸が多く含まれていればいるほど、美容効果や健康維持に対する効果をもたらす成分となっています。
ローヤルゼリーを扱う上での知識で、ローヤルゼリーは熱に弱いという認識は忘れないようにしておきましょう。
生のローヤルゼリーは保存期間や、保存方法にも注意しておくことが必要になってきます。

反対に、調整ローヤルゼリーとは一体どんな商品なのでしょうか。
この調整ローヤルゼリーは、生の状態を乾燥させて作られています。
水分の9割近くを取り除いて粉状にしています。
そのため、生の状態と比較しても、保存期間が長くなります。
また粉状のローヤルゼリーは、生特有の酸味もなく苦手な方にも馴染みやすくなっているのが特徴です。
両方のローヤルゼリーの気になる金額ですが、生タイプの方が高く設定されており、調整ローヤルゼリーの方が比較的安くお買い求め出来るようになっています。
また、こちらには書いてないローヤルゼリーのクリームについても合わせて知っておきましょう。